radiko blog

ラジオやラジコの話題です。

ウーマン村本さんが「世界にひとつだけの花」をアカペラで歌っていた

スポンサーリンク

www.allnightnippon.com

2016年1月18日深夜の放送にて。
1番だけかと思ったら2番も歌い、途中で歌詞やリズムが怪しくなりつつも
2番の最後まで歌いきっていました(途中から涙声になっていたような!?)。

村本さんは数年前、お笑いの世界の上下関係や横のつながりに馴染めず、
お笑いを辞めようと思ったことがあったのだとか。
そんな時、舞台の帰り道にコンビニで缶コーヒーを買って外で飲んでいたら、
店内から「世界にひとつだけの花」が流れてきて、
気付いたら涙がこぼれていたのだそうです。

それ以来、凹んだ時にはSMAPの歌を聴いていて
今の自分があるのはSMAPのお陰だから存続してくれて嬉しい、
その気持ちを込めて歌いたい、というような事を言っていました。

決してうまくはなかったけれど彼の思いが伝わるいい歌で、
私もちょっと泣いてしまいました。

村本さんは天才的な芸人だと思っていますが、
ここまで来るには色々と大変な苦労をされたんでしょうね。
ラジオを聞いているとたまにそんな話が出てくるので、
聞いていて励まされますし参考になります。


村本さんの喋りを文字で表現することには限界があるので、
良かったら是非一度聴いてみてください。